HOME > NEWS > 12.03.15放送機器向け産業用SSD発売

2012年3月15日

放送機器・録画装置・電子楽器など
連続使用でも書込み速度が低下しない産業用SSD登場

ss2xxx3series.jpg

株式会社バッファローメモリは、先月リリースをした200倍の書換え耐性向上SSD(ソリッド・ステート・ディスク)「SS2xxx3」に更なる機能を搭載し、販売代理店を通じて量産出荷を開始いたしました。

品番 搭載NAND 搭載NAND容量 備考
SS203234MGA1

MLC

(Multi-level cell)

  32GB  今春出荷開始予定
SS206438MGA1
  64GB  販売中 
SS21283AMGA1
128GB  販売中
SS22563AMLA1 256GB   今春出荷開始予定

製品の特長

新たにリアルタイムの応答性を強化した“ノンストップアルゴリズム”搭載

SS2xxx3シリーズには前回発表※の書換え耐性向上に加え、リアルタイムの応答性を求めるシステムに最適な「ノンストップアルゴリズム」を新たに搭載しました。一般にSSDは、ある程度使用するとデータの最適化のために一時的に書込み速度が極端に低下する傾向があります。SS2xxx3シリーズではバックグラウンドでの処理を行うことで、大幅な速度低下を回避する機能を搭載しました。カメラ・ドライブレコーダ・編集機など連続した書込みが行われる録画装置・放送機器や、常に高い応答スピードが要求されるゲーム機・電子楽器などに最適な機能です。
as.PNG

組込み業界の多種多様なニーズをサポート

バッファローメモリはSS2xxx3シリーズの開発に先立ち、機器メーカーが抱える様々な課題のヒアリングを行い、それらを解決する多くの機能を実装いたしました。
従来からHDD(ハードディスク)が使われているMFP(マルチファンクションプリンタ)・POSレジ・ゲーム機器・ドライブレコーダ・放送局用各種装置などの分野で安心してご使用いただけるSSDを実現しています。

・ ファームウェア技術による従来比200倍以上の書換耐性
・ スーパーキャパシタにより急な電源断でもSSDの論理破壊を防止
・ 連続書込み時にもスループットを落とさない“ノンストップアルゴリズム”
・ 連続読込みによるデータ化けを防ぐデータリフレッシュ機能搭載
・ ディスクの盗難によるデータ漏えいを防ぐ“緊急時データ消去機能搭載”


主な仕様

 シリーズ名 SOLID STATE DRIVE SS2xxx3シリーズ
 対応データ転送モード Serial ATA Interface I/II interface (1.5/3.0 Gbps)
 動作電圧範囲  DC 5V±5%(許容リップル 100mV, 1k~100MHz)
 動作電流(Power On)  2A (Max.)
 動作電流(DC)  150mA (Ave.)
 動作電流(Read:ピーク)  700mA
 動作電流(Write:ピーク)  1.2A
 読み出し速度  60MB/s
 書き込み速度  40MB/s
 書換耐性  従来比200倍以上
 動作環境  0~70℃
 耐振動  20‐2000Hz 10G、X,Y,Z、4往復 (16分,非動作時)
 耐衝撃  X,Y,Z、1500G、5回
 外形寸法  2.5inch HDD互換
 取得規格  CE、FC、RoHS、UL、WEEE
 生産国  日本


※これらの情報は報道発表時点のものです。今後予告無く変更する場合がありますので予めご承知置きください。